びわ湖毎日マラソン




びわ湖毎日マラソンは滋賀県大津市の公道で行われるマラソン大会であり、日本で最も注目すべきマラソンと言えます。ちなみに、男性のみを対象としています。このイベントは1946年に初めて開催されました。つまり、毎年日本で行われるマラソン競技の中で最古のものということです。初回の開催地は大阪でしたが、数年後に東京に移りました。その後は、滋賀県で毎回開催されています。

コース

びわ湖毎日マラソンは、有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。スタジアムを出た後に近江橋を渡ると、ランナーたちは石山寺の美しい景色に目を奪われます。その後、南郷水産センターへと続きます。中間地点に差しかかると、そこが皇子山スタジアムへの折り返し地点です。コースには起伏があり平津が最高地点となります。

アクセス

参加者やサポーターのみなさまは、開催地への唯一のアクセスである関西空港をご利用ください。関西空港からはエアポートエクスプレスはるか(JR関西空港線)で京都に出ましょう。京都に到着後、ローカル線(JR東海道線)で大津に向かってください。初めて参加する方は特に、会場にはできるだけ早く到着することをおすすめします。

参加資格

競技に参加するには、特定の条件を満たすか、またはJAAFの推薦が必要です。第一の条件は、大会当日時点で19歳以上であることです。また、ランナーは大会当日までの2年間のうちにマラソンで2時間30分以内、ハーフマラソンで1時間10分以内のタイムを達成していなければなりません。

大会記録

びわ湖毎日マラソンはこれまで複数の優勝者を輩出しています。画期的な記録で際立つランナーが多くいます。2019年現在、最速の記録保持者はケニアのウィルソン・キプサングです。彼は2011年に2時間6分13秒のタイムを出し、前年度の記録保持者であるサムエル・ドゥングのタイムを破りました。一方、この大会で3度優勝したのがスペインのマルティン・フィスです。

まとめ

びわ湖毎日マラソンは日本最古のマラソン大会であり、男性のみを対象としたイベントです。1946年に設立されてからというもの、応募者の数は年々増え続けています。このマラソンは有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としており、現在の記録保持者はケニアの選手です。参加するには、大会当日時点で19歳以上という条件にご注意を。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

日本でマラソンを走る理由日本でマラソンを走る理由



日本ではいくつかのマラソン大会が成功を収めており、各大会への参加者は急増しています。チケットが予想よりも早く完売する大会もあります。東京マラソン大会では毎年のことです。多くの人がマラソン大会に参加することを決めた理由を知りたいですか? 自分も参加する必要があると思いますか?ここでは、あなたがマラソンを走るべきいくつかの理由を説明します。 健康の改善 多くの人にとってマラソン大会に参加する主な理由の一つは、健康の改善です。マラソン大会に参加するためのステップを踏むことは、レースに向けて体を準備するための効果的なトレーニングプランを実行する機会になります。これにより、体の代謝を整え、脂肪を燃焼させ、血圧を健康的なレベルに保ちます。最終的には、目標を設定してトレーニングし、目標達成に向けてそれを継続することになるのです。 精神状態の改善 長距離走は、精神のタフネスを磨き、非常に厳しい状況でペースを守って走るための効果的な仕組みの開発に役立ちます。また、大人が直面する主な問題に精神的ストレスがあります。精神的ストレスに対処するための最良の方法が長距離走だという研究結果があります。マラソンはレースの終わりまで思考の焦点をシフトさせ、思考を一新させることができます。 自分の能力を試す 課題に直面するまで、私達は自分が最強だと信じています。 持久力とスタミナを試す良い方法は、マラソン大会に参加することです。レース後、自分の能力に新たな自信を得ることができるでしょう。これは、特に仕事や人間関係において、人生のほかの分野に間接的に影響を与える可能性があります。自信が能力を高め、それが成功につながることは周知の事実です。 無駄なく時間を過ごす 最近退職したばかりだったり、何らかの理由で自由な時間があれば、マラソンに参加できます。マラソンのトレーニングには多くの時間と集中力が必要であり、これは自由な時間を使うのに最適な方法です。また、マラソンという目標がトレーニングを続けるモチベーションにもなります。 マラソンは自由な時間を思い出深いものにします。 最後に マラソン大会に参加するという考えは頭に浮かぶことはなかったかもしれませんが、マラソン大会に参加する人々は毎年急増しています。健康の維持はその理由の一つです。良いトレーニングは、いくつかの点で健康の改善に役立ちます。また、マラソンの後には自分に変化が生じ、精神状態が改善されます。また、自分の能力を試し、スタミナレベルを知るのにも役立ちます。

東京マラソン東京マラソン



東京マラソンは毎年 日本の首都 東京で開催されるスポーツイベントです。このイベントは世界六大マラソンの一つです。この大会は2007年の第1回から大歓迎され世界の各地のランナーを引きつけました。このイベントは「団結」というシンプルなテーマで運営されています。ただし、参加したければ、先ず参加権獲得レースに参加しなければなりません。 歴史 第1回東京マラソンは2007年の2月18日に開催されました。これ以前にも大きなマラソン大会はありましたが、第1回東京マラソンには77,521人から応募があり、26,058人が参加しました。その内25,102人が完走しましたが、3時間以内に完走したのはたった2%でした。それ以来、応募人数は膨れ上がり参加権を得るのは益々難しくなっています。 記録 2019年現在、2014年のディクソン・チュンバの記録を破り、ケニアのウィルソン・キプサングが2時間3分58秒の男子記録を保持しています。女子の部では、ケニアのサラ・チェプチルチルが2時間19分47秒の記録を保持しています。現在、優勝した日本人選手はわずか4人でうち3人は女性です。 一般及びプレミアムエントリー 東京マラソンにはいくつかのエントリー枠があり、それぞれに特徴があります。主なエントリー枠は一般エントリーで、ランナーはレース開催日の2年以内で標準の予選時間を満たしている必要があります。このエントリー枠は他のエントリー方法より多くの参加が可能です。しかしプレミアムエントリーは東京の一部のメンバーに限定です。 チャリティーと東京居住者エントリー チャリティーエントリーは2種類に分かれています。一つはクラウドファンディングによらない東京マラソンへの寄付によるもので先着順です。もうひとつがクラウドファンディングによるエントリーです。関心があるランナーはクラウドファンディングでイベントへの寄付を行い、トップ300の寄付者が参加できます。もう一つの東京居住者エントリーは応募期間中の東京居住者限定です。 最後に 東京マラソンは世界6大マラソンの一つで、世界から多くの参加者を引きつけています。毎年メインレースへの応募数が増え続けているので、参加が難しくなっています。このイベントは2007年から開催されており、メインマラソンレースで男女各26人の優勝者を生み出しています。大会記録は、男子が2時間3分58秒で、女子が2時間19分47秒です。