マラソントレーニングで避けるべきミス




マラソン大会に出場する準備には適切なトレーニングプランが欠かせません。そうは言っても、プロのランナーでもないかぎり、世界の第一線で活躍するトレーナーからトレーニングのヒントをもらうなんて贅沢はできませんよね。多くのランナーが完走できない理由は、身体がストレスに対処できないからだけではなく、トレーニング方法が間違っているからでもあります。次回のマラソン大会で良いコンディションを維持したいあなたは、マラソントレーニングで起こるミスを避けましょう。

オーバートレーニング

ほかのランナーと一緒に完走する自分の姿を夢見ますよね。しかし、レース前に身体が回復する時間を与えずに厳しいトレーニングを行うと、怪我や棄権のリスクが高まります。自身で組んだトレーニングプランに関係なく、一定間隔の休憩は必要です。トレーニングセッションの質を高く保ちながら1日休みを取ることは可能ですよ。

トレーニングを焦って行う

多くのランナーが犯すミスが、トレーニングをとにかく早く進めたいという考えを持つことです。そうなると、適切な距離を走って身体をつくる前に、最初から長距離を走ろうとします。最初の数週間は、トレーニングの次の段階に向けて身体を準備するために、短距離走から始めましょう。その後、走る距離を毎週、徐々に増やしていきます。 トレーニングプランが信頼できるなら、プランに従ってトレーニングをしてください。

間違ったトレーニングプランを選ぶ

トレーニングプランには様々なアクティビティを選べるものがあります。この中には、プロのランナー向けのアクティビティもあります。すべてのトレーニングプランがあなたに合ったものとは限りません。体格が人それぞれだからです。プランを選ぶ前に、トレーニングの影響と目的を調べてよく理解してください。ポジティブな結果を期待できるなら、そのプランはあなたの能力に合っているはずです。

テーパリングを怠る

マラソン大会に向けたトレーニングでは、走る距離を徐々に減らすことも必要です。大会が近づいてきたら、走る距離を減らして、身体を回復させる期間にしましょう。トレーニングプランが適切であれば、テーパリング期間を特定して基礎トレーニングと十分な休憩の期間を設定できます。このテーパリング期間を無視すると、完全に回復しない状態のまま身体を酷使してしまうリスクが上がります。

最後に

マラソン大会への参加を計画しているなら、準備のための適切なトレーニングプランが重要です。トレーニング中に多くのランナーが犯すよくあるミスを避けなければならない点にご注意ください。身体が回復する時間をつくらずにオーバートレーニングすることも誤りですよ。トレーニングプランの最初の段階では単純すぎて効果がないと考えて、結果を急ぐトレーニングプランをつくりがちです。また、間違ったトレーニングプランを選ぶとトレーニングのテーパリングを怠ってしまうでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

かすみがうらマラソンかすみがうらマラソン



かすみがうらマラソンは、日本で開催されている人気のマラソン大会です。毎年4月に開催され世界各国からランナーが参加しています。ランナーたちは日本で2番目に大きい湖である霞ヶ浦の湖岸沿いを走ります。この大会は地元の人たちの情熱的な応援に加えて優れたエイドステーションなどの効率的なサービスを提供することで知られています。だからこそ、日本で開催される他のマラソン大会の中でも、この大会が毎年高く評価されてランナーたちからの満足度が高いわけですね。 コース コースは川口運動公園陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。中間地点の霞ヶ浦市歴史博物館から霞ヶ浦の湖岸へとコースが続きます。全長42.195kmのコースを走行中、霞ヶ浦の景勝地が拝めます。2019年現在の最速記録は男子部門が2時間14分20秒、女子部門が2時間42分17秒です。 アクセス かすみがうらマラソンは土浦市とかすみがうら市の共催で、この2都市からレース会場へアクセスできます。どちらも成田国際空港から40km、東京の北東約60kmに位置しています。この2都市へは車か電車を使って簡単にアクセスできますよ。電車で60分程で最寄り駅は土浦です。車では常磐高速道路で東京から60分のドライブとなるでしょう。 参加資格と条件 レースに参加するためには特定の条件を満たす必要があります。まず第一に、レース参加にあたり医学的に適した状態であること。大会運営側では医学的な検査は実施しないので、参加して問題ないか健康診断を受けましょう。参加が認められる最低年齢は3種目いずれも16歳です。 表彰 表彰は3つの部門別で行われます。まず、一般部門。男女それぞれ先着3名が入選します。次に、視覚障害者部門で、こちらはさら3部門に分けられています。B-1、B-2、 B-3に男女それぞれ3名の上位者が入選します。その他にIPC登録枠があり、この部門のランナーは視覚障害者部門で受賞資格があります。 まとめ かすみがうらマラソンは熱心な応援と美しい景色を楽しめるワクワクするイベントです。東京マラソンに参加できなかったランナーたちにとって真っ先に代案にあがるイベントでしょう。この運営者は、ランナーもサポーターもみながヒーローという想いを持っています。地元の人たちは手を携えて団結力を発揮しています。かすみがうらマラソンは、健常者と障害者の壁を取り払い、公正な競争を促進する運営を目指しているのです。

日本でのマラソンのトレーニング方法日本でのマラソンのトレーニング方法



多くの人にとって、マラソン大会に参加することは主に個人的な挑戦です。自分の限界を試したり、ダイエットをしたり、愛する人を感動させるためなど、目的は様々です。目的が何であれ、レースを無事終えるためには、遭遇するであろう課題を克服する準備が必要です。マラソン大会中に遭遇する困難に影響する要因は非常に多くあります。主な影響の一つは、コースの地形にあります。 限界を知る 日本でマラソンに参加するにあたって最初にするべきことは、自分の限界を知ることです。まず、自分の身体はどこまで無理ができるかを理解するために医師に相談する必要があります。いつもの朝のジョギングとマラソンレースは全く違うことに注意が必要です。2種類のラン二ングの条件は全く異なり、特に初マラソンの場合は、様々な形で影響が出る可能性があります。 レースの選択 マラソン大会の距離と特徴は様々です。 レースには、いぶすき菜の花マラソン、石垣島マラソン、勝田全国マラソンなどがあります。各大会の距離と特徴を比較し、自分の限界と比較して、自分に最適なレースを見つけてください。その理由は、私たちの身体は大量のストレスを処理するものの、新しいストレスに対応するには身体に成長する時間を与える必要があるからです。 早めの準備開始 マラソンの常識では、大会開催日の1年前に準備を開始することをお勧めします。これにより、身体は肉体的にも精神的にも準備ができます。多くのランナーは、準備が十分でないままマラソン大会に参加するために怪我をします。1年間の準備中期間は、週1回決まった距離(短距離)を走る目標を立てましょう。週に32〜48マイル走るという目標でも構いません。 長距離走の練習 マラソンは非常に長いレースですので、レースの前には毎週長距離走を練習に取り入れるのがベストです。7〜10日毎に走りましょう。 毎週、距離を1.6~3.2キロ延ばしていきます。3週連続で走った後は、距離を数キロ減らしていけば、身体は適切に回復し、怪我を防ぐことができます。この方法を続ければ、徐々に長距離走向きの身体になっていきます。 まとめ マラソンの準備は、慎重かつ十分に計算して行わなければなりません。一貫したトレーニングを続ければ、次のマラソン大会に参加する準備ができるはずです。この記事で強調したように、自分の限界を知り、限界に最も適したマラソンレースを選び、早期にトレーニングを開始し、長距離走も練習に取り入れる必要があります。これらの手順を熱心に実行すれば、次のマラソン大会で完走する準備は完了です。