マラソントレーニングで避けるべきミス




マラソン大会に出場する準備には適切なトレーニングプランが欠かせません。そうは言っても、プロのランナーでもないかぎり、世界の第一線で活躍するトレーナーからトレーニングのヒントをもらうなんて贅沢はできませんよね。多くのランナーが完走できない理由は、身体がストレスに対処できないからだけではなく、トレーニング方法が間違っているからでもあります。次回のマラソン大会で良いコンディションを維持したいあなたは、マラソントレーニングで起こるミスを避けましょう。

オーバートレーニング

ほかのランナーと一緒に完走する自分の姿を夢見ますよね。しかし、レース前に身体が回復する時間を与えずに厳しいトレーニングを行うと、怪我や棄権のリスクが高まります。自身で組んだトレーニングプランに関係なく、一定間隔の休憩は必要です。トレーニングセッションの質を高く保ちながら1日休みを取ることは可能ですよ。

トレーニングを焦って行う

多くのランナーが犯すミスが、トレーニングをとにかく早く進めたいという考えを持つことです。そうなると、適切な距離を走って身体をつくる前に、最初から長距離を走ろうとします。最初の数週間は、トレーニングの次の段階に向けて身体を準備するために、短距離走から始めましょう。その後、走る距離を毎週、徐々に増やしていきます。 トレーニングプランが信頼できるなら、プランに従ってトレーニングをしてください。

間違ったトレーニングプランを選ぶ

トレーニングプランには様々なアクティビティを選べるものがあります。この中には、プロのランナー向けのアクティビティもあります。すべてのトレーニングプランがあなたに合ったものとは限りません。体格が人それぞれだからです。プランを選ぶ前に、トレーニングの影響と目的を調べてよく理解してください。ポジティブな結果を期待できるなら、そのプランはあなたの能力に合っているはずです。

テーパリングを怠る

マラソン大会に向けたトレーニングでは、走る距離を徐々に減らすことも必要です。大会が近づいてきたら、走る距離を減らして、身体を回復させる期間にしましょう。トレーニングプランが適切であれば、テーパリング期間を特定して基礎トレーニングと十分な休憩の期間を設定できます。このテーパリング期間を無視すると、完全に回復しない状態のまま身体を酷使してしまうリスクが上がります。

最後に

マラソン大会への参加を計画しているなら、準備のための適切なトレーニングプランが重要です。トレーニング中に多くのランナーが犯すよくあるミスを避けなければならない点にご注意ください。身体が回復する時間をつくらずにオーバートレーニングすることも誤りですよ。トレーニングプランの最初の段階では単純すぎて効果がないと考えて、結果を急ぐトレーニングプランをつくりがちです。また、間違ったトレーニングプランを選ぶとトレーニングのテーパリングを怠ってしまうでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

京都マラソン京都マラソン



京都マラソンは、男女を対象とした42.195 kmの距離の公道を走る毎年恒例のマラソンイベントです。このイベントは主に2月に京都で開催されます。京都最大規模のイベントで世界各地から参加者が集います。東京マラソンに参加できなかった多くのランナーが代わりに京都マラソンに参加します。市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及すること、これがこのイベントの目的です。 コース コースは平坦で、ランナーにとって難所はほとんどありません。西京極スタジアムがスタート地点となり、京都植物園に沿って走ります。 この地点からコースは加茂川沿いに入り、そして平安神宮の近くがゴールとなります。レース終了までに、ランナーは7つのユネスコ世界文化遺産の前を通過することになります。京都の魅力的な景色を満喫できますよ。 参加資格 京都マラソンに参加するには、レース当日までにいくつかの要件を満たす必要があります。重要な要件の一つが、レース当日時点で18歳以上であることです。また、マラソンを完走する制限時間は6時間以内です。一人で走るのが困難な障害をお持ちの方は、エスコートランナーの付き添いが許可されていますが、盲導犬は例外です。さらに、レース当日の早朝に必ず集合しましょう。 申込手順 申込手順はとてもシンプルです。まず、オンラインで応募しましょう。すると、先着順でエントリーが受け付けられます。エントリーできたら支払いへと進みます。その後、イベント当日の3週間前に参加情報のお知らせメールが届きます。最後に、みやこめっせ(京都市勧業館)でチェックインをしてください。 大会記録保持者 京都マラソンは2012年に新たなフェーズが設けられて以来、女子の部と男子の部でそれぞれ記録が残っています。 2019年現在、男子のスピード記録保持者は、日本の丸山竜也です。彼は2019年、2時間16分27秒の記録を打ち立てました。女性部門では、日本の幾野由里亜が2017年以降、スピード記録を保持しています。彼女は2時間45分15秒でフィニッシュしました。 最後に 京都マラソンは日本の京都で最大規模のマラソンイベントです。このイベントは、市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及するために生まれました。男女いずれも参加できます。また、各カテゴリーで8位までに入ったランナーは毎年、賞がもらえます。残念ながらこの賞を逃しても、完走したランナーは後日、表彰状をゲットできます。

東京マラソン東京マラソン



東京マラソンは毎年 日本の首都 東京で開催されるスポーツイベントです。このイベントは世界六大マラソンの一つです。この大会は2007年の第1回から大歓迎され世界の各地のランナーを引きつけました。このイベントは「団結」というシンプルなテーマで運営されています。ただし、参加したければ、先ず参加権獲得レースに参加しなければなりません。 歴史 第1回東京マラソンは2007年の2月18日に開催されました。これ以前にも大きなマラソン大会はありましたが、第1回東京マラソンには77,521人から応募があり、26,058人が参加しました。その内25,102人が完走しましたが、3時間以内に完走したのはたった2%でした。それ以来、応募人数は膨れ上がり参加権を得るのは益々難しくなっています。 記録 2019年現在、2014年のディクソン・チュンバの記録を破り、ケニアのウィルソン・キプサングが2時間3分58秒の男子記録を保持しています。女子の部では、ケニアのサラ・チェプチルチルが2時間19分47秒の記録を保持しています。現在、優勝した日本人選手はわずか4人でうち3人は女性です。 一般及びプレミアムエントリー 東京マラソンにはいくつかのエントリー枠があり、それぞれに特徴があります。主なエントリー枠は一般エントリーで、ランナーはレース開催日の2年以内で標準の予選時間を満たしている必要があります。このエントリー枠は他のエントリー方法より多くの参加が可能です。しかしプレミアムエントリーは東京の一部のメンバーに限定です。 チャリティーと東京居住者エントリー チャリティーエントリーは2種類に分かれています。一つはクラウドファンディングによらない東京マラソンへの寄付によるもので先着順です。もうひとつがクラウドファンディングによるエントリーです。関心があるランナーはクラウドファンディングでイベントへの寄付を行い、トップ300の寄付者が参加できます。もう一つの東京居住者エントリーは応募期間中の東京居住者限定です。 最後に 東京マラソンは世界6大マラソンの一つで、世界から多くの参加者を引きつけています。毎年メインレースへの応募数が増え続けているので、参加が難しくなっています。このイベントは2007年から開催されており、メインマラソンレースで男女各26人の優勝者を生み出しています。大会記録は、男子が2時間3分58秒で、女子が2時間19分47秒です。