京都マラソン




京都マラソンは、男女を対象とした42.195 kmの距離の公道を走る毎年恒例のマラソンイベントです。このイベントは主に2月に京都で開催されます。京都最大規模のイベントで世界各地から参加者が集います。東京マラソンに参加できなかった多くのランナーが代わりに京都マラソンに参加します。市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及すること、これがこのイベントの目的です。

コース

コースは平坦で、ランナーにとって難所はほとんどありません。西京極スタジアムがスタート地点となり、京都植物園に沿って走ります。 この地点からコースは加茂川沿いに入り、そして平安神宮の近くがゴールとなります。レース終了までに、ランナーは7つのユネスコ世界文化遺産の前を通過することになります。京都の魅力的な景色を満喫できますよ。

参加資格

京都マラソンに参加するには、レース当日までにいくつかの要件を満たす必要があります。重要な要件の一つが、レース当日時点で18歳以上であることです。また、マラソンを完走する制限時間は6時間以内です。一人で走るのが困難な障害をお持ちの方は、エスコートランナーの付き添いが許可されていますが、盲導犬は例外です。さらに、レース当日の早朝に必ず集合しましょう。

申込手順

申込手順はとてもシンプルです。まず、オンラインで応募しましょう。すると、先着順でエントリーが受け付けられます。エントリーできたら支払いへと進みます。その後、イベント当日の3週間前に参加情報のお知らせメールが届きます。最後に、みやこめっせ(京都市勧業館)でチェックインをしてください。

大会記録保持者

京都マラソンは2012年に新たなフェーズが設けられて以来、女子の部と男子の部でそれぞれ記録が残っています。 2019年現在、男子のスピード記録保持者は、日本の丸山竜也です。彼は2019年、2時間16分27秒の記録を打ち立てました。女性部門では、日本の幾野由里亜が2017年以降、スピード記録を保持しています。彼女は2時間45分15秒でフィニッシュしました。

最後に

京都マラソンは日本の京都で最大規模のマラソンイベントです。このイベントは、市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及するために生まれました。男女いずれも参加できます。また、各カテゴリーで8位までに入ったランナーは毎年、賞がもらえます。残念ながらこの賞を逃しても、完走したランナーは後日、表彰状をゲットできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

かすみがうらマラソンかすみがうらマラソン



かすみがうらマラソンは、日本で開催されている人気のマラソン大会です。毎年4月に開催され世界各国からランナーが参加しています。ランナーたちは日本で2番目に大きい湖である霞ヶ浦の湖岸沿いを走ります。この大会は地元の人たちの情熱的な応援に加えて優れたエイドステーションなどの効率的なサービスを提供することで知られています。だからこそ、日本で開催される他のマラソン大会の中でも、この大会が毎年高く評価されてランナーたちからの満足度が高いわけですね。 コース コースは川口運動公園陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。中間地点の霞ヶ浦市歴史博物館から霞ヶ浦の湖岸へとコースが続きます。全長42.195kmのコースを走行中、霞ヶ浦の景勝地が拝めます。2019年現在の最速記録は男子部門が2時間14分20秒、女子部門が2時間42分17秒です。 アクセス かすみがうらマラソンは土浦市とかすみがうら市の共催で、この2都市からレース会場へアクセスできます。どちらも成田国際空港から40km、東京の北東約60kmに位置しています。この2都市へは車か電車を使って簡単にアクセスできますよ。電車で60分程で最寄り駅は土浦です。車では常磐高速道路で東京から60分のドライブとなるでしょう。 参加資格と条件 レースに参加するためには特定の条件を満たす必要があります。まず第一に、レース参加にあたり医学的に適した状態であること。大会運営側では医学的な検査は実施しないので、参加して問題ないか健康診断を受けましょう。参加が認められる最低年齢は3種目いずれも16歳です。 表彰 表彰は3つの部門別で行われます。まず、一般部門。男女それぞれ先着3名が入選します。次に、視覚障害者部門で、こちらはさら3部門に分けられています。B-1、B-2、 B-3に男女それぞれ3名の上位者が入選します。その他にIPC登録枠があり、この部門のランナーは視覚障害者部門で受賞資格があります。 まとめ かすみがうらマラソンは熱心な応援と美しい景色を楽しめるワクワクするイベントです。東京マラソンに参加できなかったランナーたちにとって真っ先に代案にあがるイベントでしょう。この運営者は、ランナーもサポーターもみながヒーローという想いを持っています。地元の人たちは手を携えて団結力を発揮しています。かすみがうらマラソンは、健常者と障害者の壁を取り払い、公正な競争を促進する運営を目指しているのです。

びわ湖毎日マラソンびわ湖毎日マラソン



びわ湖毎日マラソンは滋賀県大津市の公道で行われるマラソン大会であり、日本で最も注目すべきマラソンと言えます。ちなみに、男性のみを対象としています。このイベントは1946年に初めて開催されました。つまり、毎年日本で行われるマラソン競技の中で最古のものということです。初回の開催地は大阪でしたが、数年後に東京に移りました。その後は、滋賀県で毎回開催されています。 コース びわ湖毎日マラソンは、有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。スタジアムを出た後に近江橋を渡ると、ランナーたちは石山寺の美しい景色に目を奪われます。その後、南郷水産センターへと続きます。中間地点に差しかかると、そこが皇子山スタジアムへの折り返し地点です。コースには起伏があり平津が最高地点となります。 アクセス 参加者やサポーターのみなさまは、開催地への唯一のアクセスである関西空港をご利用ください。関西空港からはエアポートエクスプレスはるか(JR関西空港線)で京都に出ましょう。京都に到着後、ローカル線(JR東海道線)で大津に向かってください。初めて参加する方は特に、会場にはできるだけ早く到着することをおすすめします。 参加資格 競技に参加するには、特定の条件を満たすか、またはJAAFの推薦が必要です。第一の条件は、大会当日時点で19歳以上であることです。また、ランナーは大会当日までの2年間のうちにマラソンで2時間30分以内、ハーフマラソンで1時間10分以内のタイムを達成していなければなりません。 大会記録 びわ湖毎日マラソンはこれまで複数の優勝者を輩出しています。画期的な記録で際立つランナーが多くいます。2019年現在、最速の記録保持者はケニアのウィルソン・キプサングです。彼は2011年に2時間6分13秒のタイムを出し、前年度の記録保持者であるサムエル・ドゥングのタイムを破りました。一方、この大会で3度優勝したのがスペインのマルティン・フィスです。 まとめ びわ湖毎日マラソンは日本最古のマラソン大会であり、男性のみを対象としたイベントです。1946年に設立されてからというもの、応募者の数は年々増え続けています。このマラソンは有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としており、現在の記録保持者はケニアの選手です。参加するには、大会当日時点で19歳以上という条件にご注意を。