Author: david

長野マラソン長野マラソン



長野マラソンは毎年4月に日本の長野で開催される公道を走る競技です。長野マラソンはプロと新人どちらのランナーも参加できるレースが用意されています。このイベントは長野最大のマラソン大会で、世界各国からランナーが集まってきます。大会名は長野で開催された1998年冬季オリンピックに敬意を表してつけられました。オリンピック後に開催された最初の大会優勝者は、男子部門がジャクソン・キプロプ、女子部門がメスケレム・ヒュンデです。 コース コースは地点から地点へ走るスタイルで、日本陸上競技連盟とAIMSの公認です。ルートは比較的平坦ですが、いくつかの上り下りがあります。長野運動公園をスタートしてから南へ進み、善光寺を通り抜けて、長野スタジアムでフィニッシュです。このルートでは過去にオリンピック会場になった4か所を通ります。完走までに長野の歴史的建造物をいくつか見ることになるでしょう。  記録保持者 2019年現在、ロシアのアレフティナ・イワノワが自身の前年の記録を破り、2時間26分38秒の女子記録を保持しています。男子部門の記録保持者はフランシス・キビオットで、2時間9分5秒のタイムで完走しました。ただし、2000年から2003年は急激に調子が落ち、この期間は記録更新とはなりませんでした。 申し込み方法 長野マラソンに参加するためには、簡単な申し込みをしましょう。第1段階はインターネットでの申し込みです。これはできるだけ早く行うことをおすすめします。申し込みを完了した後にお知らせとレース番号がメールで送られてきます。チェックインして申し込みを終えるための日付が通知されます。会場にはマラソン開始1時間前には到着するようにしましょう。 アクセスと宿泊 ホテル予約ができる日程は、長野マラソンの公式ウェブサイトで公開されます。公式ウェブサイトのオンライン予約システムで申し込むこともできます。日本に来るには羽田空港または成田空港を使うことになる可能性が高いでしょう。どちらの空港からも成田エクスプレスやリムジンバスを使って東京駅に出てから長野駅への電車に乗ります。 まとめ 長野マラソンはオリンピックの雰囲気を持ったユニークなマラソン大会です。ルートは比較的平坦でスタートからフィニッシュまでは5メートルの高低差です。現在の長野マラソンは1998年のオリンピック大会の後、1999年にはじまりました。いくつもの歴史的な場所と美しい風景を横目に走り続ける経験は素晴らしいもので、この大会のリピーターになるランナーもいます。参加の注意点として、早く申し込みむこと、申し込み要領をきちんと守ること、そして健康的で安全な効果のあるトレーニングプランに従うことをお忘れなく。

かすみがうらマラソンかすみがうらマラソン



かすみがうらマラソンは、日本で開催されている人気のマラソン大会です。毎年4月に開催され世界各国からランナーが参加しています。ランナーたちは日本で2番目に大きい湖である霞ヶ浦の湖岸沿いを走ります。この大会は地元の人たちの情熱的な応援に加えて優れたエイドステーションなどの効率的なサービスを提供することで知られています。だからこそ、日本で開催される他のマラソン大会の中でも、この大会が毎年高く評価されてランナーたちからの満足度が高いわけですね。 コース コースは川口運動公園陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。中間地点の霞ヶ浦市歴史博物館から霞ヶ浦の湖岸へとコースが続きます。全長42.195kmのコースを走行中、霞ヶ浦の景勝地が拝めます。2019年現在の最速記録は男子部門が2時間14分20秒、女子部門が2時間42分17秒です。 アクセス かすみがうらマラソンは土浦市とかすみがうら市の共催で、この2都市からレース会場へアクセスできます。どちらも成田国際空港から40km、東京の北東約60kmに位置しています。この2都市へは車か電車を使って簡単にアクセスできますよ。電車で60分程で最寄り駅は土浦です。車では常磐高速道路で東京から60分のドライブとなるでしょう。 参加資格と条件 レースに参加するためには特定の条件を満たす必要があります。まず第一に、レース参加にあたり医学的に適した状態であること。大会運営側では医学的な検査は実施しないので、参加して問題ないか健康診断を受けましょう。参加が認められる最低年齢は3種目いずれも16歳です。 表彰 表彰は3つの部門別で行われます。まず、一般部門。男女それぞれ先着3名が入選します。次に、視覚障害者部門で、こちらはさら3部門に分けられています。B-1、B-2、 B-3に男女それぞれ3名の上位者が入選します。その他にIPC登録枠があり、この部門のランナーは視覚障害者部門で受賞資格があります。 まとめ かすみがうらマラソンは熱心な応援と美しい景色を楽しめるワクワクするイベントです。東京マラソンに参加できなかったランナーたちにとって真っ先に代案にあがるイベントでしょう。この運営者は、ランナーもサポーターもみながヒーローという想いを持っています。地元の人たちは手を携えて団結力を発揮しています。かすみがうらマラソンは、健常者と障害者の壁を取り払い、公正な競争を促進する運営を目指しているのです。

びわ湖毎日マラソンびわ湖毎日マラソン



びわ湖毎日マラソンは滋賀県大津市の公道で行われるマラソン大会であり、日本で最も注目すべきマラソンと言えます。ちなみに、男性のみを対象としています。このイベントは1946年に初めて開催されました。つまり、毎年日本で行われるマラソン競技の中で最古のものということです。初回の開催地は大阪でしたが、数年後に東京に移りました。その後は、滋賀県で毎回開催されています。 コース びわ湖毎日マラソンは、有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としています。スタジアムを出た後に近江橋を渡ると、ランナーたちは石山寺の美しい景色に目を奪われます。その後、南郷水産センターへと続きます。中間地点に差しかかると、そこが皇子山スタジアムへの折り返し地点です。コースには起伏があり平津が最高地点となります。 アクセス 参加者やサポーターのみなさまは、開催地への唯一のアクセスである関西空港をご利用ください。関西空港からはエアポートエクスプレスはるか(JR関西空港線)で京都に出ましょう。京都に到着後、ローカル線(JR東海道線)で大津に向かってください。初めて参加する方は特に、会場にはできるだけ早く到着することをおすすめします。 参加資格 競技に参加するには、特定の条件を満たすか、またはJAAFの推薦が必要です。第一の条件は、大会当日時点で19歳以上であることです。また、ランナーは大会当日までの2年間のうちにマラソンで2時間30分以内、ハーフマラソンで1時間10分以内のタイムを達成していなければなりません。 大会記録 びわ湖毎日マラソンはこれまで複数の優勝者を輩出しています。画期的な記録で際立つランナーが多くいます。2019年現在、最速の記録保持者はケニアのウィルソン・キプサングです。彼は2011年に2時間6分13秒のタイムを出し、前年度の記録保持者であるサムエル・ドゥングのタイムを破りました。一方、この大会で3度優勝したのがスペインのマルティン・フィスです。 まとめ びわ湖毎日マラソンは日本最古のマラソン大会であり、男性のみを対象としたイベントです。1946年に設立されてからというもの、応募者の数は年々増え続けています。このマラソンは有名な皇子山陸上競技場をスタート・ゴール地点としており、現在の記録保持者はケニアの選手です。参加するには、大会当日時点で19歳以上という条件にご注意を。

東京マラソン東京マラソン



東京マラソンは毎年 日本の首都 東京で開催されるスポーツイベントです。このイベントは世界六大マラソンの一つです。この大会は2007年の第1回から大歓迎され世界の各地のランナーを引きつけました。このイベントは「団結」というシンプルなテーマで運営されています。ただし、参加したければ、先ず参加権獲得レースに参加しなければなりません。 歴史 第1回東京マラソンは2007年の2月18日に開催されました。これ以前にも大きなマラソン大会はありましたが、第1回東京マラソンには77,521人から応募があり、26,058人が参加しました。その内25,102人が完走しましたが、3時間以内に完走したのはたった2%でした。それ以来、応募人数は膨れ上がり参加権を得るのは益々難しくなっています。 記録 2019年現在、2014年のディクソン・チュンバの記録を破り、ケニアのウィルソン・キプサングが2時間3分58秒の男子記録を保持しています。女子の部では、ケニアのサラ・チェプチルチルが2時間19分47秒の記録を保持しています。現在、優勝した日本人選手はわずか4人でうち3人は女性です。 一般及びプレミアムエントリー 東京マラソンにはいくつかのエントリー枠があり、それぞれに特徴があります。主なエントリー枠は一般エントリーで、ランナーはレース開催日の2年以内で標準の予選時間を満たしている必要があります。このエントリー枠は他のエントリー方法より多くの参加が可能です。しかしプレミアムエントリーは東京の一部のメンバーに限定です。 チャリティーと東京居住者エントリー チャリティーエントリーは2種類に分かれています。一つはクラウドファンディングによらない東京マラソンへの寄付によるもので先着順です。もうひとつがクラウドファンディングによるエントリーです。関心があるランナーはクラウドファンディングでイベントへの寄付を行い、トップ300の寄付者が参加できます。もう一つの東京居住者エントリーは応募期間中の東京居住者限定です。 最後に 東京マラソンは世界6大マラソンの一つで、世界から多くの参加者を引きつけています。毎年メインレースへの応募数が増え続けているので、参加が難しくなっています。このイベントは2007年から開催されており、メインマラソンレースで男女各26人の優勝者を生み出しています。大会記録は、男子が2時間3分58秒で、女子が2時間19分47秒です。

KIX泉州国際マラソンKIX泉州国際マラソン



泉州は、大阪府の南部に位置する9市4町からなる地域です。この地域では、世界各地から5,000人を超えるランナーを集めて日本の主要なスポーツイベントとして泉州国際マラソンを共催しています。このイベントは、1994年に関西国際空港の開港を記念して初めて開催されました。それ以来、様々な地域から数多の優勝者を輩出してきました。 コース KIX泉州国際マラソンのコースは比較的平坦で、ランナーにとって難所はほとんどありません。レースは浜寺公園からスタートして、堺市街を抜けて大古墳群に向かいます。その後、泉佐野市内のりんくう公園でゴールです。このフルマラソンのコースの特徴として、何とゴール直前のエリアでモンスターブリッジという難関が待ち構えているんです。 アクセス レースのスタート地点へのアクセス方法は3つ。関西国際空港、新大阪駅、そして大阪国際空港からのルートです。関西国際空港からは南海空港線エアポートエクスプレスで羽衣まで行き、その後に南海空港線の普通列車で浜寺公園まで向かいます。所要時間は約35分です。新大阪駅と大阪国際空港からレース会場までのアクセスも同じルートです。 エントリー KIX泉州国際マラソンには、フルマラソンとチャレンジランの2つのエントリー形式があります。フルマラソンは42.195 kmを走り、制限時間は5時間です。一方、チャレンジランは20.4 kmで、制限時間は2.5時間です。チャレンジランのコースはフルマラソンと同じですが、岸和田城がゴールとなります。 参加要件 KIX泉州国際マラソン大会に参加するには、ランナーは事前に参加要件を満たしている必要があります。まず、ランナーはレース当日時点で18歳以上でなければいけません。また、ランナーは過去2年間のうちに規定の走行距離を走っている必要があります。さらに、参加しようとする前に医師から参加の承認を得てください。 まとめ KIX泉州国際マラソンは、泉州にとって重要でユニークなイベントとなっています。東京マラソンほど人気はありませんが、日本全国のみならず世界中のランナーを魅了しています。このイベントは、伝統的なだんじりの鼓笛による群衆からの声援や、ほかでは見ることのできない都会の街並みなど、ランナーにとって魅力的なサイドアトラクションがいっぱいです。

京都マラソン京都マラソン



京都マラソンは、男女を対象とした42.195 kmの距離の公道を走る毎年恒例のマラソンイベントです。このイベントは主に2月に京都で開催されます。京都最大規模のイベントで世界各地から参加者が集います。東京マラソンに参加できなかった多くのランナーが代わりに京都マラソンに参加します。市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及すること、これがこのイベントの目的です。 コース コースは平坦で、ランナーにとって難所はほとんどありません。西京極スタジアムがスタート地点となり、京都植物園に沿って走ります。 この地点からコースは加茂川沿いに入り、そして平安神宮の近くがゴールとなります。レース終了までに、ランナーは7つのユネスコ世界文化遺産の前を通過することになります。京都の魅力的な景色を満喫できますよ。 参加資格 京都マラソンに参加するには、レース当日までにいくつかの要件を満たす必要があります。重要な要件の一つが、レース当日時点で18歳以上であることです。また、マラソンを完走する制限時間は6時間以内です。一人で走るのが困難な障害をお持ちの方は、エスコートランナーの付き添いが許可されていますが、盲導犬は例外です。さらに、レース当日の早朝に必ず集合しましょう。 申込手順 申込手順はとてもシンプルです。まず、オンラインで応募しましょう。すると、先着順でエントリーが受け付けられます。エントリーできたら支払いへと進みます。その後、イベント当日の3週間前に参加情報のお知らせメールが届きます。最後に、みやこめっせ(京都市勧業館)でチェックインをしてください。 大会記録保持者 京都マラソンは2012年に新たなフェーズが設けられて以来、女子の部と男子の部でそれぞれ記録が残っています。 2019年現在、男子のスピード記録保持者は、日本の丸山竜也です。彼は2019年、2時間16分27秒の記録を打ち立てました。女性部門では、日本の幾野由里亜が2017年以降、スピード記録を保持しています。彼女は2時間45分15秒でフィニッシュしました。 最後に 京都マラソンは日本の京都で最大規模のマラソンイベントです。このイベントは、市民スポーツの促進と京都の素晴らしさを世界に普及するために生まれました。男女いずれも参加できます。また、各カテゴリーで8位までに入ったランナーは毎年、賞がもらえます。残念ながらこの賞を逃しても、完走したランナーは後日、表彰状をゲットできます。

大阪国際女子マラソン大阪国際女子マラソン



大阪国際女子マラソンは、毎年開催される女性を対象とした公道を走るマラソン大会です。 このマラソンの走行距離は42.195kmで、基本的には大阪市で毎年1月に開催されます。このマラソン大会は、日本陸上競技連盟と数社の企業が共催しています。第1回大会は1982年1月24日に開催され、イタリアのリタ・マルキシオが優勝しました。 大会記録保持者 現在の記録保持者は日本人の野口みずきです。彼女は2003年、2時間21分18秒でフィニッシュしました。野口は若い頃から陸上競技を続けてきましたが、2003年にこの大会で優勝するまで目立った記録はありませんでした。今のところ、この記録に近づいたランナーは誰もいません。一方、最多優勝者は、1998年、1999年、2000年に3連覇を果たしたリディア・シモンです。 コース 大阪国際女子マラソンのコースは平坦で難易度が低く、大阪のヤンマースタジアム長居がスタート・ゴール地点となります。 このコースを回ると、大阪市の歴史的で風光明媚なエリアを楽しめますよ。スタジアムを出て、北の大阪城に向かい、大阪市役所を通ります。その後、ランナーは御堂筋に沿って人気のあるイチョウ並木を通り抜けます。再び大阪城を通過すると、ついに最後の12kmです。 参加要件 このマラソン大会の参加資格を得るには、特定の要件を満たす必要があります。この要件は毎年変わりますが、参加者はレース当日時点で19歳以上であることが必須です。その他に、番号ビブスを選択する際に参加料を支払い、参加申込書へ記入をしましょう。参加者全員が時間厳守でレース会場に到着することも必須です。 賞と表彰状 レース後に優秀選手賞授賞式があります。年ごとに賞の種類はさまざまです。例えば、2020年開催の第39回大会では、上位8名が入賞となります。日本出身の参加者の中で優秀なランナーには努力賞が授与される予定です。また、完走したランナー全員にレース表彰状が発行されます。 最後に 大阪国際女子マラソンは、女子を対象とする、42.195kmを走る毎年恒例のイベントです。第1回大会は1982年1月に開催されました。レースのスタート・ゴール地点は大阪のヤンマースタジアム長居です。ランナーは大阪のさまざまなエリアを通過し、ヤンマースタジアム長居でフィニッシュします。ランナー全員に表彰状が配られ、優秀ランナーは表彰されます。参加するには、主催者が公開している要件を満たすようくれぐれもご注意を。

マラソントレーニングで避けるべきミスマラソントレーニングで避けるべきミス



マラソン大会に出場する準備には適切なトレーニングプランが欠かせません。そうは言っても、プロのランナーでもないかぎり、世界の第一線で活躍するトレーナーからトレーニングのヒントをもらうなんて贅沢はできませんよね。多くのランナーが完走できない理由は、身体がストレスに対処できないからだけではなく、トレーニング方法が間違っているからでもあります。次回のマラソン大会で良いコンディションを維持したいあなたは、マラソントレーニングで起こるミスを避けましょう。 オーバートレーニング ほかのランナーと一緒に完走する自分の姿を夢見ますよね。しかし、レース前に身体が回復する時間を与えずに厳しいトレーニングを行うと、怪我や棄権のリスクが高まります。自身で組んだトレーニングプランに関係なく、一定間隔の休憩は必要です。トレーニングセッションの質を高く保ちながら1日休みを取ることは可能ですよ。 トレーニングを焦って行う 多くのランナーが犯すミスが、トレーニングをとにかく早く進めたいという考えを持つことです。そうなると、適切な距離を走って身体をつくる前に、最初から長距離を走ろうとします。最初の数週間は、トレーニングの次の段階に向けて身体を準備するために、短距離走から始めましょう。その後、走る距離を毎週、徐々に増やしていきます。 トレーニングプランが信頼できるなら、プランに従ってトレーニングをしてください。 間違ったトレーニングプランを選ぶ トレーニングプランには様々なアクティビティを選べるものがあります。この中には、プロのランナー向けのアクティビティもあります。すべてのトレーニングプランがあなたに合ったものとは限りません。体格が人それぞれだからです。プランを選ぶ前に、トレーニングの影響と目的を調べてよく理解してください。ポジティブな結果を期待できるなら、そのプランはあなたの能力に合っているはずです。 テーパリングを怠る マラソン大会に向けたトレーニングでは、走る距離を徐々に減らすことも必要です。大会が近づいてきたら、走る距離を減らして、身体を回復させる期間にしましょう。トレーニングプランが適切であれば、テーパリング期間を特定して基礎トレーニングと十分な休憩の期間を設定できます。このテーパリング期間を無視すると、完全に回復しない状態のまま身体を酷使してしまうリスクが上がります。 最後に マラソン大会への参加を計画しているなら、準備のための適切なトレーニングプランが重要です。トレーニング中に多くのランナーが犯すよくあるミスを避けなければならない点にご注意ください。身体が回復する時間をつくらずにオーバートレーニングすることも誤りですよ。トレーニングプランの最初の段階では単純すぎて効果がないと考えて、結果を急ぐトレーニングプランをつくりがちです。また、間違ったトレーニングプランを選ぶとトレーニングのテーパリングを怠ってしまうでしょう。

日本でマラソンを走る理由日本でマラソンを走る理由



日本ではいくつかのマラソン大会が成功を収めており、各大会への参加者は急増しています。チケットが予想よりも早く完売する大会もあります。東京マラソン大会では毎年のことです。多くの人がマラソン大会に参加することを決めた理由を知りたいですか? 自分も参加する必要があると思いますか?ここでは、あなたがマラソンを走るべきいくつかの理由を説明します。 健康の改善 多くの人にとってマラソン大会に参加する主な理由の一つは、健康の改善です。マラソン大会に参加するためのステップを踏むことは、レースに向けて体を準備するための効果的なトレーニングプランを実行する機会になります。これにより、体の代謝を整え、脂肪を燃焼させ、血圧を健康的なレベルに保ちます。最終的には、目標を設定してトレーニングし、目標達成に向けてそれを継続することになるのです。 精神状態の改善 長距離走は、精神のタフネスを磨き、非常に厳しい状況でペースを守って走るための効果的な仕組みの開発に役立ちます。また、大人が直面する主な問題に精神的ストレスがあります。精神的ストレスに対処するための最良の方法が長距離走だという研究結果があります。マラソンはレースの終わりまで思考の焦点をシフトさせ、思考を一新させることができます。 自分の能力を試す 課題に直面するまで、私達は自分が最強だと信じています。 持久力とスタミナを試す良い方法は、マラソン大会に参加することです。レース後、自分の能力に新たな自信を得ることができるでしょう。これは、特に仕事や人間関係において、人生のほかの分野に間接的に影響を与える可能性があります。自信が能力を高め、それが成功につながることは周知の事実です。 無駄なく時間を過ごす 最近退職したばかりだったり、何らかの理由で自由な時間があれば、マラソンに参加できます。マラソンのトレーニングには多くの時間と集中力が必要であり、これは自由な時間を使うのに最適な方法です。また、マラソンという目標がトレーニングを続けるモチベーションにもなります。 マラソンは自由な時間を思い出深いものにします。 最後に マラソン大会に参加するという考えは頭に浮かぶことはなかったかもしれませんが、マラソン大会に参加する人々は毎年急増しています。健康の維持はその理由の一つです。良いトレーニングは、いくつかの点で健康の改善に役立ちます。また、マラソンの後には自分に変化が生じ、精神状態が改善されます。また、自分の能力を試し、スタミナレベルを知るのにも役立ちます。

日本でのマラソンのトレーニング方法日本でのマラソンのトレーニング方法



多くの人にとって、マラソン大会に参加することは主に個人的な挑戦です。自分の限界を試したり、ダイエットをしたり、愛する人を感動させるためなど、目的は様々です。目的が何であれ、レースを無事終えるためには、遭遇するであろう課題を克服する準備が必要です。マラソン大会中に遭遇する困難に影響する要因は非常に多くあります。主な影響の一つは、コースの地形にあります。 限界を知る 日本でマラソンに参加するにあたって最初にするべきことは、自分の限界を知ることです。まず、自分の身体はどこまで無理ができるかを理解するために医師に相談する必要があります。いつもの朝のジョギングとマラソンレースは全く違うことに注意が必要です。2種類のラン二ングの条件は全く異なり、特に初マラソンの場合は、様々な形で影響が出る可能性があります。 レースの選択 マラソン大会の距離と特徴は様々です。 レースには、いぶすき菜の花マラソン、石垣島マラソン、勝田全国マラソンなどがあります。各大会の距離と特徴を比較し、自分の限界と比較して、自分に最適なレースを見つけてください。その理由は、私たちの身体は大量のストレスを処理するものの、新しいストレスに対応するには身体に成長する時間を与える必要があるからです。 早めの準備開始 マラソンの常識では、大会開催日の1年前に準備を開始することをお勧めします。これにより、身体は肉体的にも精神的にも準備ができます。多くのランナーは、準備が十分でないままマラソン大会に参加するために怪我をします。1年間の準備中期間は、週1回決まった距離(短距離)を走る目標を立てましょう。週に32〜48マイル走るという目標でも構いません。 長距離走の練習 マラソンは非常に長いレースですので、レースの前には毎週長距離走を練習に取り入れるのがベストです。7〜10日毎に走りましょう。 毎週、距離を1.6~3.2キロ延ばしていきます。3週連続で走った後は、距離を数キロ減らしていけば、身体は適切に回復し、怪我を防ぐことができます。この方法を続ければ、徐々に長距離走向きの身体になっていきます。 まとめ マラソンの準備は、慎重かつ十分に計算して行わなければなりません。一貫したトレーニングを続ければ、次のマラソン大会に参加する準備ができるはずです。この記事で強調したように、自分の限界を知り、限界に最も適したマラソンレースを選び、早期にトレーニングを開始し、長距離走も練習に取り入れる必要があります。これらの手順を熱心に実行すれば、次のマラソン大会で完走する準備は完了です。